医療英語:動植物の訳し方

統計学セミナー

医療英語:動植物の訳し方

 

医療英語:動植物の訳し方

 

翻訳のむずかしい動植物の名前を翻訳する場合には三つの方法が考えられます。その第一は英語名をそのままカタカナ書きすることですが、これは読者によっては分からないこともあるので、できるだけ避けることが望ましいといえます。

 

原語のカナ書きのままで置いておくのは翻訳者の怠慢か、あるいは無能を示すものであるといわれても仕方がありません。

 

例えばlionはライオンでよいですが、daffodilはダフォディルではなく、ラッパ水仙とします。どうしても日本語訳がない場合には、カタカナ書きしておいて、註としてカッコまたは欄外に説明を加えておくとか、ラテン語学名を示しておくとかするのも一助となるでしょう。

 

第二は全く同一の動植物名の日本語を示すか、またはほぼ近い動植物の名前を日本語で示すことです。例えばbonitoは「カツオ」と全く同じです。またpampas grassはそれに近い「ススキ」と訳すようにします。

 

なお例えば「ホオジロ」に当る鳥にはcorn bunting, yellow bunting, black-headed bunting, reed bunting, snow buntingなどbuntingとよばれる鳥がたくさんいます。そこで翻訳者たるもの「ホオジロ」はこれらのうちのどれに当るのかを、鳥類の専門家に聞いて確かめるとか、鳥類図鑑で調べるとかの労を惜しんではいけません。

 

第三は、英語名と日本語名とで全く違ったイメージを喚起することがあり、このような場合には同じイメージを与える別の動植物名に書き換えて翻訳する方法があります。

 

例えばThey are very unappreciative guests and to serve them so lavishly is to cast pearls before swine.などは<豚に真珠を投げ与える>とするよりは、<猫に小判>としたほうがよいです。

 

以上要するに、正確さと、文中でのイメージの二つを考えながら翻訳するという細心の注意を怠ってはなりません。

 

統計学セミナー

 


 


 


 


医療英語:動植物の訳し方 関連ページ

医療英語:センテンスの強調部をつかまえる
医療英語:並列部分は同じ表現形式で訳す
医療英語:表現を裏返して訳す
医療英語:訳文の文末の処理
医療英語:登場人物の性格を正しくとらえる
医療英語:登場人物の名前
医療英語:固有名詞のカタカナ表記法
医療英語:カタカナ書きの外来語はなるべく使わない
医療英語:訳注のつけ方
医療英語:イタリックは傍点で表す
医療英語:英語の句読記号の意味
医療英語:註釈書の註をうのみにしない
医療英語:オノマトペの訳し方
医療英語:身体各部の名称の日英語比較
医療英語:英英辞書を併用する
医療英語:英語類義語辞典を利用する
医療英語:新語辞典を座右に備える
医療英語:引用句辞典を常備する
医療英語:スラング辞典の必要性
医療英語:便利な英語略語辞典
医療英語:日本語辞書をどう使うか
医療英語:原著者への問い合わせ
医療英語:英米人の友人を日本国内でつくる
医療英語:英米の文化的伝統を知る
医療英語:英米の生活を知る
医療英語:どうしても翻訳不可能な場合
医療英語:訳文の推敲
医療英語:訳文を他人に読んでもらう
医療英語:誤訳の発見法
医療英語:誤訳を指摘されたとき

HOME プロフィール お問い合わせ