医療英語:訳注のつけ方

統計学セミナー

医療英語:訳注のつけ方

 

医療英語:訳注のつけ方

 

翻訳文中にやたらに註がつくのは読者の流れをさまたげるのであまり好ましいこととは言えません。

 

なかには大して必要とも思えない註や、翻訳者の学のあるところを示すためだけのような註があります。

 

ことに<彼女はハドソン川(ニューヨーク・マンハッタン島の西を南北に流れる川)を見下ろしていた>のように文中に割り込ませている“割り註”と称するものや、<かんぱい(チェリオ)>のような“ルビ”(ふり仮名)による説明などはことさら読んでいてわずらわしいだけです。

 

あるいはまた、文中のその箇所に星印をつけて巻末や、そのページの終わりに註を並べて書いてあることもあります。たいていの読者は(学校の英語の授業のテキストに使っている学生が勉強のためにいちいち見る場合ででもなければ)いちいち巻末をひっくり返して註を読むようなことはしません。

 

そこで、よほどその作品を理解するうえで不可欠というものでない限り、註はつけずに済ませるにこしたことはありません。

 

しかしどうしても必要と考えるならば、<カント(1724-1804, ドイツの哲学者)は言っている>としないで、文中に読者にそれと気づかれないように、<18世紀のドイツの哲学者カントは言っている>のようにするのがよいでしょう。

 

しかしこの註は無くてもよい註の部類かもしれません。次の例のような場合はどうしても註がないと読者に不親切といえます。

 

If in reading Faulkner we have almost the sense of inhabiting Yoknapatawpha Country during the decline of the South, it is because the details used are definite.

 

もしアメリカの作家ウィリアム・フォークナーの小説を読んでいて、彼の大部分の作品のシーンになっているアメリカ南部地方の没落期の架空の土地ミシシッピー州ヨクナパトーファ郡にまるでいま自分が住んでいるかのような気持ちになったとすれば、それはそこに書かれている細部の記述が明確、かつ具体的であるからです。

 

このように、必要な註はごく自然に本文中に入れ、本文と註とがお互いに響き合うようにすることが大切です。

 

統計学セミナー

 


 


 


 


医療英語:訳注のつけ方 関連ページ

医療英語:センテンスの強調部をつかまえる
医療英語:並列部分は同じ表現形式で訳す
医療英語:表現を裏返して訳す
医療英語:訳文の文末の処理
医療英語:登場人物の性格を正しくとらえる
医療英語:登場人物の名前
医療英語:固有名詞のカタカナ表記法
医療英語:カタカナ書きの外来語はなるべく使わない
医療英語:イタリックは傍点で表す
医療英語:英語の句読記号の意味
医療英語:註釈書の註をうのみにしない
医療英語:動植物の訳し方
医療英語:オノマトペの訳し方
医療英語:身体各部の名称の日英語比較
医療英語:英英辞書を併用する
医療英語:英語類義語辞典を利用する
医療英語:新語辞典を座右に備える
医療英語:引用句辞典を常備する
医療英語:スラング辞典の必要性
医療英語:便利な英語略語辞典
医療英語:日本語辞書をどう使うか
医療英語:原著者への問い合わせ
医療英語:英米人の友人を日本国内でつくる
医療英語:英米の文化的伝統を知る
医療英語:英米の生活を知る
医療英語:どうしても翻訳不可能な場合
医療英語:訳文の推敲
医療英語:訳文を他人に読んでもらう
医療英語:誤訳の発見法
医療英語:誤訳を指摘されたとき

HOME プロフィール お問い合わせ