医療英語:固有名詞のカタカナ表記法

医療英語10年の実績

500本以上の医療動画教材見放題

医学英語アカデミー


@24時間いつでもどこでも閲覧可能

Aオンラインの実践的英語学習

BLAで10年の実績を誇るAMIと共同開発

Cレッスン後に講師からフィードバック

D医療英語に完全特化したコンテンツ

体験無料!


医療英語:固有名詞のカタカナ表記法

医療英語:固有名詞のカタカナ表記法

 

医療英語:固有名詞のカタカナ表記法

 

外国人の名前や外国の地名などの固有名詞のカナ書き表記法が一つの文章のなかで一定していないのは見苦しいです。

 

例えば最初に「ベニス」と書いておきながら、あとで「ヴェネツィア」と書くような不統一はいけません。この場合は、「ヴェネツィア」のような学のあることをてらったような表記ではなく「ベニス」という既に慣用になっている、単純な表記法に従うのがよいでしょう。

 

一般原則として、慣用化したカナ表記法(日本語の辞書にのっている)がある場合にはそれに従います。慣用カナ書きのない場合には、できるだけ原音に近づけた表記をします。しかし英語と日本語とでは音韻構造が違うから完璧にカナに移すことはしょせん不可能です。

 

そこで無理に原音に近づけるのもよいですが、それよりも日本人の発音しやすいようなカナ書きにするのがよいでしょう。

 

例えば日本語には[ei]のような二重渡り母音はないので、”case”は「ケイス」とするより「ケース」と長音表記するほうが発音しやすく、自然なわけです。またMaryは「メアリー」とするより「メリー」とします。

 

人名はウィリアム・シェークスピアのように、姓と名のあいだは中黒「・」を用いて区切ります。ウィリアム=シェークスピアのようなダブルハイフン「=」による方法は避けましょう。

 

英語の語尾-sの発音は、無声子音のあとなら「ス」(sの清音)、母音および有声子音のあとなら「ズ」(zの濁音)で発音するという規則があります。

 

しかし日本人にはそれにはおかまいなしに勝手に「ス」にしたり「ズ」にしたりして、Timesをタイムス(正しくはz)、salesmanをセールスマン(正しくはz)、newsをニュース(正しくはz)と書き、逆にlooseをルーズ(正しくはs)、close-upをクローズアップ(正しくはs)と書きます。

 

しかしそれで定着したカナ書きになっている場合にはその慣用に従って表記することとします。ニューズとかルースと書くとヘンな気がするので、この場合は正確さよりも慣用が先行します。

 

 


⇒顔が見える安心の通訳トライアル3000円から
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
どこでも☆通訳

 


⇒英文校正はこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
363円からの英文校正アイディービジネス

 


⇒Web翻訳はこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
最短90分2,500円で納品の「Webで翻訳」

 

医療英語10年の実績

500本以上の医療動画教材見放題

医学英語アカデミー


@24時間いつでもどこでも閲覧可能

Aオンラインの実践的英語学習

BLAで10年の実績を誇るAMIと共同開発

Cレッスン後に講師からフィードバック

D医療英語に完全特化したコンテンツ

体験無料!




医療英語:固有名詞のカタカナ表記法 関連ページ

医療英語:センテンスの強調部をつかまえる
医療英語:並列部分は同じ表現形式で訳す
医療英語:表現を裏返して訳す
医療英語:訳文の文末の処理
医療英語:登場人物の性格を正しくとらえる
医療英語:登場人物の名前
医療英語:カタカナ書きの外来語はなるべく使わない
医療英語:訳注のつけ方
医療英語:イタリックは傍点で表す
医療英語:英語の句読記号の意味
医療英語:註釈書の註をうのみにしない
医療英語:動植物の訳し方
医療英語:オノマトペの訳し方
医療英語:身体各部の名称の日英語比較
医療英語:英英辞書を併用する
医療英語:英語類義語辞典を利用する
医療英語:新語辞典を座右に備える
医療英語:引用句辞典を常備する
医療英語:スラング辞典の必要性
医療英語:便利な英語略語辞典
医療英語:日本語辞書をどう使うか
医療英語:原著者への問い合わせ
医療英語:英米人の友人を日本国内でつくる
医療英語:英米の文化的伝統を知る
医療英語:英米の生活を知る
医療英語:どうしても翻訳不可能な場合
医療英語:訳文の推敲
医療英語:訳文を他人に読んでもらう
医療英語:誤訳の発見法
医療英語:誤訳を指摘されたとき

HOME プロフィール お問い合わせ