医療英語:どうしても翻訳不可能な場合

統計学セミナー

医療英語:どうしても翻訳不可能な場合

 

医療英語:どうしても翻訳不可能な場合

 

原則として翻訳者は何も省かないで、忠実に全部訳すのがよいのです。勝手に省くのはよくないことです。

 

しかしどうにも訳せない部分もあります。例えば「松江という字はどう書くんだい」「松の木の松に、サンズイにアイウエオのエと書きます」という日本語は、絶対に英語には翻訳できない部分です。

 

これは四、五行もかけて専門的に説明しても、それを読む英米人にはもう一つよく分からないと思います。

 

そこが内容から見て非常に重要な場合は別ですが、それほど重要でなければ翻訳から省いてしまっても仕方ありません。

 

統計学セミナー

 


 


 


 


医療英語:どうしても翻訳不可能な場合 関連ページ

医療英語:センテンスの強調部をつかまえる
医療英語:並列部分は同じ表現形式で訳す
医療英語:表現を裏返して訳す
医療英語:訳文の文末の処理
医療英語:登場人物の性格を正しくとらえる
医療英語:登場人物の名前
医療英語:固有名詞のカタカナ表記法
医療英語:カタカナ書きの外来語はなるべく使わない
医療英語:訳注のつけ方
医療英語:イタリックは傍点で表す
医療英語:英語の句読記号の意味
医療英語:註釈書の註をうのみにしない
医療英語:動植物の訳し方
医療英語:オノマトペの訳し方
医療英語:身体各部の名称の日英語比較
医療英語:英英辞書を併用する
医療英語:英語類義語辞典を利用する
医療英語:新語辞典を座右に備える
医療英語:引用句辞典を常備する
医療英語:スラング辞典の必要性
医療英語:便利な英語略語辞典
医療英語:日本語辞書をどう使うか
医療英語:原著者への問い合わせ
医療英語:英米人の友人を日本国内でつくる
医療英語:英米の文化的伝統を知る
医療英語:英米の生活を知る
医療英語:訳文の推敲
医療英語:訳文を他人に読んでもらう
医療英語:誤訳の発見法
医療英語:誤訳を指摘されたとき

HOME プロフィール お問い合わせ