医療英語:hopeとwishの訳し分け

統計学セミナー

医療英語:hopeとwishの訳し分け

 

医療英語:hopeとwishの訳し分け

 

日本人がよくhopeとwishとを同じに翻訳するという誤りをおかすのはhopeとwishは同義で「望む」「願う」であると英和辞書に書いてあるのを見るからです。

 

hopeは実現の可能性の高い未来の希望を表します。つまり「〜であればよい」(多分希望通りになるだろう)という文脈に用います。

 

従ってその意味するところからhopeの導くthat-clauseは動詞の現在、または未来をとります。

 

I hope you can come. I hope I see you again.
I hope it will be fine. I hope I’ll see you again.

 

一方wishは実現可能性のほとんどない現在の願望を表わします。つまり、「〜であればよいのになあ」(だがそうでなくて残念だ)という文脈に用います。従ってその意味するところからwishに導かれるthat-clauseには仮定法(過去形)をとり、決して現在形や未来形はとりません。

 

I wish I knew. (But I’m sorry I don’t know.)(If I knew I should be happy.) I wish I could go.(But I can’t.) I wish you could come. I wish it would be fine. I wish I could see you again. I wish the rain would stop.

 

統計学セミナー

 


 


 


 



HOME プロフィール お問い合わせ