医療英語:前置詞で意味が変わる

統計学セミナー

医療英語:前置詞で意味が変わる

 

医療英語:前置詞で意味が変わる

 

日常頻繁に用いられる英語の動詞ほど、前置詞と組み合わされていろいろな用法が発達しているので、この小さい言葉に注意して翻訳しないと、誤訳の危険性があります。

 

例えば「行方の知れない人や物のありかをさがす」という意味のときはto search forと、前置詞のforが必要で、The police searched for the missing child. She searched all her drawers for the missing papers. The police searched the house. のように言います。つまり前置詞のあるなしのto search forとto searchとで意味が全く違ってくるので油断なりません。

 

あるいはまた、動詞のto compareは同じ比較するときでも「〜と肩を並べて比べられる」という良い意味では前置詞のtoを使って、His poetry can be compared to Tennyson’s.と言います。

 

また「〜に譬える」という意味でもtoを使って、A life is compared to a voyage. と言います。ところが「〜とは比べものにならない」という悪い意味では前置詞のwithを使って、His poetry cannot be compared with Tennyson’s. と言います。

 

また二者を純客観的に、ただ比較するという意味の場合にもwithを使って、The teacher compared my report with Mary’s and found no signs of copying. と言います。つまりtoとwithの前置詞の違いでニュアンスが違ってくるので気をつけないといけません。

 

統計学セミナー

 


 


 


 



HOME プロフィール お問い合わせ