医療英語:慣用表現を大切に

医療英語10年の実績

500本以上の医療動画教材見放題

医学英語アカデミー


@24時間いつでもどこでも閲覧可能

Aオンラインの実践的英語学習

BLAで10年の実績を誇るAMIと共同開発

Cレッスン後に講師からフィードバック

D医療英語に完全特化したコンテンツ

体験無料!


医療英語:慣用表現を大切に

医療英語:慣用表現を大切に

 

医療英語:慣用表現を大切に

 

George, Tom, and Bill came the next morning.

 

拙訳: <あくる朝ジョージ、トム、そしてビルが訪ねて来た。>

 

改訳: <あくる朝ジョージ、トム、ビルが訪ねて来た。>

 

英語の並列表現では必ず “A, B, and C” という並べ方をします。つまりandを最後の一つに付け、あとはコンマで並べていきます。

 

このようなシンタックスの英文を日本語に翻訳する場合、ただ機械的に「A, B, そしてC」と直訳してはいけません。

 

このようなシンタックスは無いのです。正しい日本語では何もなしで「A,B,C」とするか、どうしても接続詞のandを訳出したいのであれば、英語とは逆に、そのandに当る助詞を一番初めに持ってきて、「AとB, C」とした方が日本語としてすわりがよくなります。

 

“Are you going out?”, I asked Mother.

 

拙訳: <「あなたはおでかけになるの?」と私はお母様に尋ねた。>

 

改訳: <「お母様はおでかけになるの?」と私は母に尋ねた。>

 

英語で相手に言及する言葉はyou一つですが、日本語では相手の社会的地位や、年齢、職業、目上、目下などの上下関係、あるいは相手に対する話者の感情などによって相手を呼ぶ言葉が「あなた」「きみ」「おまえ」「おじさん」「お父さん」「お母さん」「にいさん」「おねえさん」「ぼうや」「先生」「おまわりさん」「看護婦さん」などと目まぐるしく変化します。

 

例えば子供が母親に腹を立てたとき英語ならI hate you. と言うのを、日本語では「お母さんなんて大嫌い」と言います。

 

つまりこのyouは「お母さん」と翻訳されます。自分の母親に向かって「あなた」では日本語として変です。

 

 


⇒顔が見える安心の通訳トライアル3000円から
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
どこでも☆通訳

 


⇒英文校正はこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
363円からの英文校正アイディービジネス

 


⇒Web翻訳はこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
最短90分2,500円で納品の「Webで翻訳」

 

医療英語10年の実績

500本以上の医療動画教材見放題

医学英語アカデミー


@24時間いつでもどこでも閲覧可能

Aオンラインの実践的英語学習

BLAで10年の実績を誇るAMIと共同開発

Cレッスン後に講師からフィードバック

D医療英語に完全特化したコンテンツ

体験無料!





HOME プロフィール お問い合わせ