医療英語:ゼスチュアの勉強

統計学セミナー

医療英語:ゼスチュアの勉強

 

医療英語:ゼスチュアの勉強

 

人間の会話はただ単語を並べたセンテンスを発声するだけでなく、必ず表情や身振り(ゼスチュア)を伴うものです。

 

身振りというものは国によって、民族によってかなり違っていることが多いです。

 

例えば日本人は自分のことを言うとき、人差し指で自分の鼻を指しますが、英米人は親指で自分の胸を指します。

 

自分の鼻を指すのは人をからかうときのゼスチュアを思わせて、こっけいに感じます。

 

また鼻は男性の性器を連想させるので英米人は鼻を指したり、鼻の高い低いなどを話題にすることを避ける傾向があります。

 

さて、私たち日本人は英語の単語やセンテンスについて熱心に勉強するわりに、このゼスチュアという言語の大切な要素についてはあまり関心を払っていないようです。

 

生きた言語を習得しようとすればどうしてもこれを無視してはいけません。

 

例えば、She made a warning gesture. というセンテンスを<女は警告の身振りをした>と訳したのでは、日本人には具体的に何を言っているのか、いまひとつピンとこないのではないかと思われます。

 

英米人は相手に警告を与えるとき、人差し指を相手の顔の前でちらつかせて、相手を脅すしぐさをします。

 

これは日本人が親指を立てて子供の目の前に突き出し、「メッ」と言ってたしなめるのにやや似ています。

 

英米人はこのとき、その人差し指を左右、あるいは上下に動かします。しかも上下にちらつかせるほうが警告の程度がより強くなります。

 

このように指先をちらつかせるゼスチュアは、実際に英米人に接して観察するとか、英米の映画を見るとか、あるいは英米人のゼスチュアに関して書かれた本を読んで研究するとかして理解していくほかありません。

 

She made a warning gesture. は、<彼女は人差し指を私の目の前で左右に振って警告した>とでも翻訳すれば、日本人の読者にも分かります。

 

統計学セミナー

 


 


 


 



HOME プロフィール お問い合わせ