医療英語:日本語表現力を養う

統計学セミナー

医療英語:日本語表現力を養う

 

医療英語:日本語表現力を養う

 

翻訳とは英語の原文を日本語に直して書くことですから、先ず英語が読めなければ翻訳はできません。

 

あくまで原文を完全に、正確に読めることを前提とした作業です。しかし、読めるだけでは翻訳はできません。

 

英米人は英語を読めても翻訳はできません。翻訳には日本語を書く能力が必要で、しかも日本語の豊かな表現能力が伴わなくてはなりません。

 

自分は英語ができるから翻訳をやるというのは見当違いです。正しい日本語を書けない人、書こうという意志のない人は初めから翻訳を志すべきではありません。

 

日本語の豊富な語彙を貯え、日本文の表現能力を開発し、練習しなければいけません。

 

英語原文の著者のいわんとする内容に可能な限り接近した正確な訳語を選び、日本人読者の目に誤解なくすっと入り、イメージがいちいちくっきりと浮かぶような訳文がよい日本文といえます。

 

一度読んだだけでは通じないような翻訳調の奇妙で生硬な日本文ではいけません。これは文章の最も基本的な機能が情報の伝達であることから考えると、文章に要求される基本的条件といえます。

 

統計学セミナー

 


 


 


 



HOME プロフィール お問い合わせ